目元や口元、おでこの小じわが気になったら読んでほしい!原因と対策

朝、鏡を見た時に

  • 目元
  • 口元
  • おでこ

の小じわに気が付いた瞬間て「私、老けたな」と自覚する悲しい習慣でもあります。

  • 歳のせいでシワができたのかな?
  • このままシワが増えたり、深くなっていったら、、

なんて不安のせいで余計肌に悪くなるんじゃないかって思うくらい考えこんでしまったりします。

今回はそんなシワができる原因やシワの種類、対策などについて調べて行きたいと思います。

「シワの原因は年のせい・・」だけじゃない

シワの原因として良く知られているのが「加齢による肌の弾力(ハリ不足)の低下」ですが、実はそんな単純な理由だけでは無かったりもします。

具体的には

  • 肌の乾燥や肌に合わないスキンケア商品使用している事が原因
  • 加齢や紫外線の原因
  • 表情の癖が原因(おでこのシワなど)

などがシワの主な原因と言われています。

肌の乾燥やスキンケアが肌にあってない事が原因の場合

シワの特徴としては「浅くて細かいシワ」で、目元や口元にできるシワに多いいと言われています。

具体的な原因としては、年齢にともない肌が変化しているのに前の若い時に使用していたスキンケア商品を使用している事で起こる保湿不足などによる肌の乾燥が多いいです。


関連記事

↓肌の乾燥対策や私のオススメの保湿スキンケアについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

【日常のスキンケア】乾燥やシワ、ほうれい線の3つの簡単な対策とは

加齢や紫外線が原因の場合

シワの特徴としては「深くて目立つシワ」で、まぶたやほうれい線などでできる事が多い大きめの深いシワです。

具体的な原因としては、肌のハリを生み出すと言われる繊維芽細胞が加齢や紫外線ダメージで劣化した結果、できてしまう事が多いと言われています。

対策としてはコラーゲンエキス配合のスキンケア商品やマッサージクリームやオールインワンスキンケアなどエイジングケアに効果が期待できる商品などにも効果が期待できると言われています。

表情が原因の場合

シワの特徴としては「表情を変えた時にできるシワ」で、怒りの表情で眉間やおでこにできるシワなどです。

ほおっておくと歳と共に深いシワに進行してしまい表情を変えなくてもシワが定着してしまう事もあるので自身が気が付いた瞬間から対策を行う事がオススメです。

対策といては、表情のエクササイスをする事で表情癖を抑える事ができると言われています。

おでこのシワでお悩みの場合は目の奥の「じょうがんけんきょきん」を鍛えるエクササイズが効果的と言われています。

「おでこシワ」対策エクササイズやり方

  1. 目の力を抜く
  2. おでこを手で押さえ、目の奥の筋肉を意識しながら目をカッと見開く

眉間、目の下のシワを改善したい場合は、目の周りの「がんりんきん」という筋肉を鍛える事で目元のたるみや眉間を寄せる癖を改善できると言われています。

「眉間、目の下のシワ」対策エクササイズやり方

  1. 目線を上下に動かす(上下5回×2セット)
  2. 視線を左右に動かす(左右5回×2セット)
  3. 寄り目にする(5回×2セット)

ほうれい線を改善したい場合は、下を回すエクササイズを行う事で、口周りの表情筋を鍛える事で口元のたるみやシワの下限が期待できると言われています。

「ほうれい線」改善エクササイズやり方

  1. 口を軽く閉じ、舌を歯の外側に這わせて30回大きく回す
  2. 反対の方向にも同様に30回行う

肌に良い習慣作りも大切

シワや肌の乾燥や肌荒れやニキビなどには書生ホルモンの乱れが原因で起きている場合もあると言われています。

女性ホルモンの乱れに足して効果的な方法は生活習慣を見直す事が一番大切という専門医の方がいるほど日々の生活習慣は肌に影響を与えると言われています。

具体的には

  • 睡眠の時間と質
  • 食生活や栄養バラス

などとも言われています。

↓具体的な内容にちてはこちらの記事で詳しく触れています。

【日常のスキンケア】乾燥やシワ、ほうれい線の3つの簡単な対策とは