【日常のスキンケア】乾燥やシワ、ほうれい線の3つの簡単な対策とは

私は現在30代後半で3人の子供が居る主婦です。

3人も子供が居ると朝は、何かに例えるならまさしく戦争です泣

自身の時間なんて10分もとる暇がありませんでした。。。

そんなある日、幼稚園の集まりで初めて会った40代後半ママさんに

「若いママさんばかりで何話したら良いかわからないですよね」

と言われてスキンケアに目覚めました。

この記事では、そんな私が様々な情報を試してみて実際に効果があった日常で、できる年齢肌対策を3つご紹介していきたいと思います。

睡眠の改善

テレビや雑誌などで「22時に寝ると肌に良い」なんて情報は良くありますよね

(私は家事や自分の時間も作りたいので22時になんて寝れませんでした泣)

そこで「できるかぎりの睡眠の改善」をする事にしました。

  • 最低6時間~7時間の睡眠時間を確保する
  • スマホは、ベットに入る2時間前までにする

1週間続けると身体に難じて1ヶ月もすると化粧ノリが良くなりました。

普段睡眠の質が悪かったり、嗣明時間が取れていない場合、女性ホルモンバランスが崩れてしまい、乾燥肌の原因になる可能性があると言われています。

食生活の改善

食生活の乱れや栄養が不足している場合も、肌荒れや乾燥が起きる原因の一つと言われています。

肌に良いとされる栄養素としては

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • タンパク質

などを摂取すると良いと言われています。

ビタミンA

ビタミンAには、骨や目、皮膚の健康を保ち免疫作用もあると言われています。

ビタミンAが不足していると

  • 肌がカサカサする(乾燥する)
  • シワが目立ち始める
  • 肌荒れやニキビが出やすくなる
  • 風邪をひきやすくなる

などの症状が出てしまうと言われています。

ビタミンAを補給できる食物一覧

ほうれんそう、かぼちゃ、しその葉、バジル、レバー、うなぎ、乳製品など

ビタミンC

ビタミンCには、コラーゲンの生成を促進、メラニン生成の抑制、新陳代謝の正常化などの効果が期待できると言われています。

  • 皮膚内のコラーゲンが増えれば肌のハリが生まれ、肌のたるみやシワ予防となる
  • メラニン生成が抑制される事で、シミそばかす予防やシミを薄くする効果が期待
  • 新陳代謝の正常化により、ターンオーバーが正常に働き肌が健康状態に近づく

という事ですね

ビタミンCを補給できる食物一覧

パプリカ、ブロッコリー、カリフラワー、レモンなどの柑橘類、キウイフルーツ、海苔など

タンパク質

タンパク質は、肌細胞やコラーゲンをつくる素となり、肌代謝を促す 効果が期待できると言われています。

(肌のハリや健康状態に近づける為に有効な成分という事ですね)

タンパク質を補充できる成分一覧

赤身(牛や豚など)の肉、鶏むね肉、鶏ささみ肉、アジ、イワシ、卵など

保湿

  • 生活習慣を変えられる自信がない
  • 加齢によるものだと思う(40代後半の方など)

という方は思い切って使用するスキンケアを保湿力の高い物に変えてみるのもオススメです。

私が実際に購入したオススメ商品【はずみへ】

  • 大正製薬の商品で信頼できる
  • 配合成分の95%以上が美容成分配合と独自性の保湿効果が期待できる
  • 1本で6役で1本2000円弱とオールインワンとしてコスパが最強

↓こちらの記事で詳しく紹介しています。

はずみへの口コミなどはこちら

一番オススメの方法(まとめ)

一番オススメの方法としては、

睡眠の改善+食生活改善+スキンケア商品

を変えるをすべて行う事がオススメです。

シワやたるみがひどくなる前にこの機会に見直す事をオススメします。

私自身、オールインワンを使用する事で朝の忙しい時間でもスキンケアに5分しかかからないので毎日続けられています。

この機会に、睡眠、食生活、スキンケア商品を見直してみはどうでしょうか??

最後までお読み頂き、ありがとうございました。