40代から始めるべきシワやほうれい線、たるみを防ぐ食事術とは!?

40代になると、肌のたるみが本格化してくると言われており、ほうれい線が口元まで深くなるとも言われています。

  • 鏡を見るたび目じりのシワが気になったり
  • 肌の乾燥がひどくなった気がしたり

日々悩みが増えてきたり、いきなり周りから老けたと思われてしまう世代とも言われています。

今回は、そんな40代だからこそ始めたい肌のシワやたるみ対策となる食事術について紹介していきたいと思います。

40代から始めましょう!オススメの食事術

食事の順番を変える

スパゲティ、サラダ、ドリンクが昼食であった場合貴方はどれから食べ始めますか??

今、あなたが「肌のたるみ」が気になっているなら「サラダ」から食べ始めるのが正解なんです。

これは海外では「ベジ・ファースト」とも呼ばれ、肌の弾力を低下させる糖化や肥満を抑えられると言われています。

具体的には、主食を食べる前に野菜などの糖質を分解したり、吸収を緩やかにする食物繊維が豊富な食材を食べる事で血糖値の上昇を抑えられると言われいます。(実際に糖尿病の方も専門医から野菜から食べるようにアドバイスを受ける事もあるそうです。)

食材の選び方を変える

食事の元となる食材の選び方を変えるのも一つの方法と言われています。

野菜や豆腐、海藻など食物繊維が多い食材を意識して選ぶようにするのがオススメです。

その他にも、AGEs(老化物質)の排出を促す働きがあると言われている色の濃い野菜や果物、鶏むね肉などの抗酸化成分が豊富な食材を選ぶのもオススメです。

調理法や朝食のとり方

朝食が血糖値を上げにくい障子にすると、昼食後の血糖値も上がりにくくなると言われており、朝食に野菜を取る事がオススメです。

さらには、野菜は歯ごたえが残る程度に調理するとさらなる効果が期待できると言われています。

シワ、シミ予防になる具体的な栄養素と食材とは

ビタミンC

抗酸化作用があると期待されている水溶性のビタミンで、メラニン色素を抑え、沈着を予防する働きがあると言われています。

シミやソバカスの予防効果や薄くする効果が期待できると言われています。

ビタミンCが摂れる食材としては

  • 果物(キュウイ、グレープ、いちご、柿、レモン、みかん、ぶどうなど)
  • 野菜(キャベツ、ブロッコリー、かぶ、トマト、パセリ、ピーマン、ホウレンソウ、小松菜、大根、じゃがいもなど)
  • その他(緑茶、海苔、豆類など)

ビタミンE

脂溶性のビタミンで「若返るビタミン」とも呼ばれてます。脂肪の酸化を防いだり、血管を丈夫にする効果があると言われています。

さらには、メラニンの排出を助け、女性ホルモンの分泌を促し、新陳代謝も高めるとまで言われており、シミやシワ予防にいいとされています。

ビタミンEが摂れる食材としては

  • 果物(アボカド、キウイなど)
  • 野菜(かぼちゃなどの緑黄色野菜)
  • 魚類(ウナギ、アジ、タラコなど)
  • 豆類(大豆、豆腐、納豆など)
  • その他(ごま、アーモンド、落花生、植物油など)

コラーゲン

コラーゲンとは体内にも存在する成分で皮膚や骨などを作るのに必要とも言われています。

ですが、20歳をピークに体内でのコラーゲンの生成は減少していくとも言われており、摂取すべき大切な成分とも言われています。

コラーゲンが摂れる食材としては

  • 肉類(牛筋、鶏の手羽先、鶏の皮、豚骨、軟骨など)
  • 魚介系(ウナギ、エビ、サバ、ふかひれ、アナゴ、すっぽん、フグ、サンマ、鮭、アンコウなど)

コエンザイムQ10

エネルギーを作り出す栄養素とも言われ、ビタミンEと同等かそれ以上の抗酸化作用があると期待されています。

コエンザイムQ10が摂れる食材として

  • 魚類(イワシ、サバ、ウナギ、カツオ、マグロなど)
  • 肉類(豚肉、牛肉、レバー、モツなど)
  • 豆類(大豆、落花生など)

βーカロテン/レチノール

メラニン色素ができないように働くと言われており、ターンオーバー(皮膚の生まれ変わるサイクル)を正常化し、コラーゲン再生を促す効果も期待できると言われています。

  • βーカロテンが摂れる食材としては「緑黄色野菜」
  • レチノールが摂れる食材としては「バター、牛乳、卵、肝油、強化マーガリンなど」

まとめ

食事のとり方、食材の選び方を変えるだけ充分、シミやシワに効果が期待できる事がわかりましたね

関連記事

【日常のスキンケア】乾燥やシワ、ほうれい線の3つの簡単な対策とは

目元や口元、おでこの小じわが気になったら読んでほしい!原因と対策

朝、鏡を見た時に

  • 目元
  • 口元
  • おでこ

の小じわに気が付いた瞬間て「私、老けたな」と自覚する悲しい習慣でもあります。

  • 歳のせいでシワができたのかな?
  • このままシワが増えたり、深くなっていったら、、

なんて不安のせいで余計肌に悪くなるんじゃないかって思うくらい考えこんでしまったりします。

今回はそんなシワができる原因やシワの種類、対策などについて調べて行きたいと思います。

「シワの原因は年のせい・・」だけじゃない

シワの原因として良く知られているのが「加齢による肌の弾力(ハリ不足)の低下」ですが、実はそんな単純な理由だけでは無かったりもします。

具体的には

  • 肌の乾燥や肌に合わないスキンケア商品使用している事が原因
  • 加齢や紫外線の原因
  • 表情の癖が原因(おでこのシワなど)

などがシワの主な原因と言われています。

肌の乾燥やスキンケアが肌にあってない事が原因の場合

シワの特徴としては「浅くて細かいシワ」で、目元や口元にできるシワに多いいと言われています。

具体的な原因としては、年齢にともない肌が変化しているのに前の若い時に使用していたスキンケア商品を使用している事で起こる保湿不足などによる肌の乾燥が多いいです。


関連記事

↓肌の乾燥対策や私のオススメの保湿スキンケアについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

【日常のスキンケア】乾燥やシワ、ほうれい線の3つの簡単な対策とは

加齢や紫外線が原因の場合

シワの特徴としては「深くて目立つシワ」で、まぶたやほうれい線などでできる事が多い大きめの深いシワです。

具体的な原因としては、肌のハリを生み出すと言われる繊維芽細胞が加齢や紫外線ダメージで劣化した結果、できてしまう事が多いと言われています。

対策としてはコラーゲンエキス配合のスキンケア商品やマッサージクリームやオールインワンスキンケアなどエイジングケアに効果が期待できる商品などにも効果が期待できると言われています。

表情が原因の場合

シワの特徴としては「表情を変えた時にできるシワ」で、怒りの表情で眉間やおでこにできるシワなどです。

ほおっておくと歳と共に深いシワに進行してしまい表情を変えなくてもシワが定着してしまう事もあるので自身が気が付いた瞬間から対策を行う事がオススメです。

対策といては、表情のエクササイスをする事で表情癖を抑える事ができると言われています。

おでこのシワでお悩みの場合は目の奥の「じょうがんけんきょきん」を鍛えるエクササイズが効果的と言われています。

「おでこシワ」対策エクササイズやり方

  1. 目の力を抜く
  2. おでこを手で押さえ、目の奥の筋肉を意識しながら目をカッと見開く

眉間、目の下のシワを改善したい場合は、目の周りの「がんりんきん」という筋肉を鍛える事で目元のたるみや眉間を寄せる癖を改善できると言われています。

「眉間、目の下のシワ」対策エクササイズやり方

  1. 目線を上下に動かす(上下5回×2セット)
  2. 視線を左右に動かす(左右5回×2セット)
  3. 寄り目にする(5回×2セット)

ほうれい線を改善したい場合は、下を回すエクササイズを行う事で、口周りの表情筋を鍛える事で口元のたるみやシワの下限が期待できると言われています。

「ほうれい線」改善エクササイズやり方

  1. 口を軽く閉じ、舌を歯の外側に這わせて30回大きく回す
  2. 反対の方向にも同様に30回行う

肌に良い習慣作りも大切

シワや肌の乾燥や肌荒れやニキビなどには書生ホルモンの乱れが原因で起きている場合もあると言われています。

女性ホルモンの乱れに足して効果的な方法は生活習慣を見直す事が一番大切という専門医の方がいるほど日々の生活習慣は肌に影響を与えると言われています。

具体的には

  • 睡眠の時間と質
  • 食生活や栄養バラス

などとも言われています。

↓具体的な内容にちてはこちらの記事で詳しく触れています。

【日常のスキンケア】乾燥やシワ、ほうれい線の3つの簡単な対策とは

【日常のスキンケア】乾燥やシワ、ほうれい線の3つの簡単な対策とは

私は現在30代後半で3人の子供が居る主婦です。

3人も子供が居ると朝は、何かに例えるならまさしく戦争です泣

自身の時間なんて10分もとる暇がありませんでした。。。

そんなある日、幼稚園の集まりで初めて会った40代後半ママさんに

「若いママさんばかりで何話したら良いかわからないですよね」

と言われてスキンケアに目覚めました。

この記事では、そんな私が様々な情報を試してみて実際に効果があった日常で、できる年齢肌対策を3つご紹介していきたいと思います。

睡眠の改善

テレビや雑誌などで「22時に寝ると肌に良い」なんて情報は良くありますよね

(私は家事や自分の時間も作りたいので22時になんて寝れませんでした泣)

そこで「できるかぎりの睡眠の改善」をする事にしました。

  • 最低6時間~7時間の睡眠時間を確保する
  • スマホは、ベットに入る2時間前までにする

1週間続けると身体に難じて1ヶ月もすると化粧ノリが良くなりました。

普段睡眠の質が悪かったり、嗣明時間が取れていない場合、女性ホルモンバランスが崩れてしまい、乾燥肌の原因になる可能性があると言われています。

食生活の改善

食生活の乱れや栄養が不足している場合も、肌荒れや乾燥が起きる原因の一つと言われています。

肌に良いとされる栄養素としては

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • タンパク質

などを摂取すると良いと言われています。

ビタミンA

ビタミンAには、骨や目、皮膚の健康を保ち免疫作用もあると言われています。

ビタミンAが不足していると

  • 肌がカサカサする(乾燥する)
  • シワが目立ち始める
  • 肌荒れやニキビが出やすくなる
  • 風邪をひきやすくなる

などの症状が出てしまうと言われています。

ビタミンAを補給できる食物一覧

ほうれんそう、かぼちゃ、しその葉、バジル、レバー、うなぎ、乳製品など

ビタミンC

ビタミンCには、コラーゲンの生成を促進、メラニン生成の抑制、新陳代謝の正常化などの効果が期待できると言われています。

  • 皮膚内のコラーゲンが増えれば肌のハリが生まれ、肌のたるみやシワ予防となる
  • メラニン生成が抑制される事で、シミそばかす予防やシミを薄くする効果が期待
  • 新陳代謝の正常化により、ターンオーバーが正常に働き肌が健康状態に近づく

という事ですね

ビタミンCを補給できる食物一覧

パプリカ、ブロッコリー、カリフラワー、レモンなどの柑橘類、キウイフルーツ、海苔など

タンパク質

タンパク質は、肌細胞やコラーゲンをつくる素となり、肌代謝を促す 効果が期待できると言われています。

(肌のハリや健康状態に近づける為に有効な成分という事ですね)

タンパク質を補充できる成分一覧

赤身(牛や豚など)の肉、鶏むね肉、鶏ささみ肉、アジ、イワシ、卵など

保湿

  • 生活習慣を変えられる自信がない
  • 加齢によるものだと思う(40代後半の方など)

という方は思い切って使用するスキンケアを保湿力の高い物に変えてみるのもオススメです。

私が実際に購入したオススメ商品【はずみへ】

  • 大正製薬の商品で信頼できる
  • 配合成分の95%以上が美容成分配合と独自性の保湿効果が期待できる
  • 1本で6役で1本2000円弱とオールインワンとしてコスパが最強

↓こちらの記事で詳しく紹介しています。

はずみへの口コミなどはこちら

一番オススメの方法(まとめ)

一番オススメの方法としては、

睡眠の改善+食生活改善+スキンケア商品

を変えるをすべて行う事がオススメです。

シワやたるみがひどくなる前にこの機会に見直す事をオススメします。

私自身、オールインワンを使用する事で朝の忙しい時間でもスキンケアに5分しかかからないので毎日続けられています。

この機会に、睡眠、食生活、スキンケア商品を見直してみはどうでしょうか??

最後までお読み頂き、ありがとうございました。